ムメイの新聞文章置き場

ツイッターで書いた新聞風記事の転載です。ツイッターhttps://twitter.com/NA01pPBGXwTmELY

Vtuber新聞文章貼り付け・アイドル部・神楽すず編

どっとライブ・アイドル部

神楽すず、演奏

 

遅れてやって来た清楚人

 

音楽ガチ勢の管弦楽部員

 まだちょっと怪しい所があるが、今のところ清楚と言っていいであろう、神楽すずについて、打ち込んで行こう。

 さて、筆者はかねてより彼女に目をつけていた。御存じの方がいるかどうかは分からないが、以前、筆者は十刃特集としてアイドル部の記事を書いており、まだアイコンが不審者状態だった彼女達の中で、神楽すずの見た目が好みだと書いていたからだ。ちなみに理由は緑の髪だからである。ふざけた理由で申し訳ない。

 そんな彼女だが、名の通り神楽鈴のような髪飾りで髪をサイドにまとめ、理知的な眼鏡を装着している。

 大概のVtuber、特にアップランド勢はその見た目のイメージからは想像できないほどの強烈な清楚っぷりを発揮してきたが、彼女は真の意味で清楚だった。

 初配信では事あるごとに「緊張する」と声に出しており、焦りからか時間の管理もおろそかになる。正に、初配信という状態だった。それでいて図書委員長、絵本の朗読が趣味とあってか、自分の知識や趣味について話すのが好きなようだ。特に眼鏡、プリパラ、音楽系の話になると緊張が嘘のように流暢になる。

 残念ながら筆者は眼鏡をかけていること以外、知識がなかったため、反応できなかった。だが、楽しそうに語り、「じゃあちょっと調べてみようかな」と思わせるだけのトークの柔らかさと、流れの維持力がある。本人的にはまだまだ納得がいっていないようだが、筆者的にはオタクトークを聞く相手を不快にすることなく出来る時点で、十分だと思う。基本的に人は自分の専門分野になると、どうしても早口になって相手に理解させることよりも自分の知識を晒すことを優先してしまいがちだが、彼女は口下手だと言いながらも、どうにか自分の知識をかみ砕いて伝えようと必死だった。初配信でそこまで気を回せる時点で、合格と言えるだろう。

 二回目の配信時には前日の経験によるものか、初配信よりも十分落ち着き、クソマロへの対応も上々である。今後も、さらなる成長が期待できるはずだ。

 レモン丸かじり、ツイッターでのはっちゃけ、グルシャン勢のためにシャンプー味見など、清楚の片鱗が見え隠れはしているものの、根は真面目で、優しい。

 馬に対する態度もアイドル部の中でもトップクラスに優しく、高評価している。が、自分の名前を呼び忘れたことを少し根に持っているらしい。やはり馬である。

 シロにあこがれて、というよりVtuberを見始めたきっかけがシロそのものらしい。アニメや映画文化も把握しており、やはり根っからのオタク気質なのだろう。筆者のような無生産性クソキモオタと違い、バイオリンも弾ける、良い意味でのオタクだ。筆者は「吹奏楽部と管弦楽部って同じ部活じゃねえの!?」とか言うレベルのバカなので、音楽については彼女の知識や話題についていけない。しかし、それでも彼女の話は楽しいし、彼女が弾くバイオリンの音色はいいものだと思う。

 筆者は音楽に問わず、創作における基本であり究極の力は「その分野の知識がない人間にも、感覚で素晴らしいものだと理解させること」だと思っているので、音楽素人の自分が面白い、楽しいと思う彼女の音楽トークは素晴らしいものだと思う。ぜひとも気負うことなく、自分の好きなことを、好きなだけ語っていただきたい。それこそが彼女の最大の魅力だ。

 その魅力を今後とも益々増幅させ、将来的には3Dでのバイオリンの演奏を、ぜひぜひ聞きたいものである。

 

 

レモンについて

 主にアメリカなどで栽培される、柑橘類の一種である。黄色い果実が特徴ではあるが、品種によってはオレンジ色になったりもする。

 日本では輸入品がかなりの割合を占めており、アメリカとチリ産が多い。

 国内においては広島産がトップであり、国内生産量の六割以上を占める。瀬戸内広島レモンは有名だろう。他には愛媛なども産地の1つだ。丸かじりもいいが、筆者としてはやはりレモネードがもっとも美味しいレモンの味わい方だと思う。砂糖よりも蜂蜜の方が個人的に好きだ。

 

ルイ・エクトル・ベルリオーズ

 代表曲「幻想交響曲」でよく知られる、フランスの作曲家である。かつてはフランスの紙幣に肖像が描かれるほどの、歴史的音楽家である。と、言えば聞こえはいいが、生前は婚約者の母による裏切りにブチ切れて女装用の服を買って心中しに行きかけたり、創作者によくある借金地獄に陥ったり、失敗のせいで正当な評価を受けられなかったりと、色々酷い目にあっている。だがそんな彼だからこそ、歴史に残るほどの名曲を作れたのかもしれないが。

 

 

twitter.com

www.youtube.com