ムメイの新聞文章置き場

ツイッターで書いた新聞風記事の転載です。ツイッターhttps://twitter.com/NA01pPBGXwTmELY

Vtuber新聞文章貼り付け・アイドル部・北上双葉特集編

 

どっとライブ・アイドル部

北上双葉、のんびり

 

ほんわかおっとり(?)少女

 正直、筆者はあのアップランドがこんなまともそうな女性配信者を送り出すとは思っていなかった。

 .LIVE、アップランドに所属するVtuberは基本的にどこか強烈な、分かりやすい個性を持っている。

 しかし北上双葉という少女の配信を見た際、筆者はあまりのまともっぷりに逆におびえた。急に麻雀や虫要素をぶっこんできても不思議でないと思っていたが、そのような気配もない。

 彼女の見た目は垂れ目の、クールというよりはぐーたらといった、抜けた雰囲気の少女で、双葉の名ゆえか、ツインテールにしている。

 見た目の通り、口調は穏やか、ゆっくり、一定であり、あの馬Pのうるさい挨拶を知る身としては、少し見習わせたいくらいである。カルロピノがお嬢様系なのに対し、彼女は女子高生系なので、また違った穏やかさを感じることができるだろう。

 

一週回って正道の配信者

 そんな彼女の特徴は、穏やかな発音のままの毒舌である。毒舌、というよりは女子高生特有のナチュラルな発言だろう。筆者のイメージで申し訳ないが、女子高生というのは「まじやばくない?」「ぱねーわ」などといった不良系の言葉を使う生き物だと思っているので、彼女の声のイメージから外れた言動が行われても、特に違和感がなかった。それまでほわほわした発言だったのに急に「おい、逃げるな」といった風に豹変(声のトーンは変わらない)するさまは、女子高生配信者のかわいらしさを最大限にいかして

いるだろう。

 某電脳少女もそうだが、こういった突発的変化球発言は、癖になるものがある。彼女の場合は穏やかに進行してくれるので、頭が為になっていない初心者の方にも安心しておすすめできるだろう。

 ここまで語ってるが、人によっては彼女はこれまでのアイドル部と比べてキャラが弱いと思う人もいるかもしれない。

 だがそれは筆者含め視聴者の感覚がくるっているだけであり、

「ごはんを二合食べられる」

「般若心経を唱えられる」

「見とけよ、馬(本人が居る状態での発言)」

 など、強烈だ。筆者の脳内では「シロの娘」というパワーワードが生まれるくらいである。

 アイドル部の中でも馬Pには優しい方であり、本人は白馬組とのこと。馬に辛辣な態度をとりながらも、最後にはお礼を言うシロが可愛いようだ。あれ、それ馬ただの付属品なんじゃ……。

 同じアイドル部の部員をからかうことも多く、特に配信初日にコラボすることになった夜桜たまとは仲が良いためか、あのオリオンネタでからかうことが多い。鳥に緑トリオンというあだ名をつけるほどである。可愛い。

 PUBGで冷静に相手を射殺するクールな一面を見せ、マイクラでは穏やかにプレイし、真のマイクラと呼ばれるほどの王道なスローライフを見せる。本人の性格や言動が変わらないため、状況によってさまざまな印象を受ける少女であり、それこそが彼女が持つ最大の個性と言えるだろう。

 好きだというスローライフ系のゲームを始め、同じアイドル部の得意分野に対する興味も強い。いつかは、麻雀コラボする彼女の姿が見られる可能性もあるだろう。

 そのどんな状況でも穏やかで可愛いらしく、ほんの少しだけ棘のある姿を、今後も見守っていきたい。

 

 

ぬいぐるみについて

 

 

「部屋にばあちゃるさんの頭もあるんですよ」

 

 

 この発言で筆者は一瞬呼吸を止めてしまったが、すぐにあの頭部の被り物だと気づきホッとした。いや、ホッとしたらダメだ。なんであんな被り物が女子高生の部屋にあるんだ。おかしい。

 そもそも、ぬいぐるみとは中に綿など柔らかい素材を入れた造形作品のことで、断じて合成皮で構成されたリアルな馬の頭部のことではない。だが彼女が言っているのであれば、あれはぬいぐるみということでいいだろう。馬はぬいぐるみを被った変態である。

 

 

タイピングについて

 北上双葉の得意技能はタイピングの速度らしい。ゆるふわな言動からは想像できないほど早いそうだ。生徒会会計の役職持ちなのも、その辺りがからんでいるのかもしれない。

 タイピングの速度向上には練習が必要だが、筆者としてはローマ字を覚えてあとは入力し続けることでしか上がらないと思っている。筆者もアホでクソな文章を書き続けてきた。ゆえに貴方も速度向上のために、彼女たちの宣伝文を書こう。さあレッツタイピング!

 

www.youtube.com

twitter.com