ムメイの新聞文章置き場

ツイッターで書いた新聞風記事の転載です。ツイッターhttps://twitter.com/NA01pPBGXwTmELY

Vtuber新聞文章貼り付け・アイドル部・夜桜たま特集編

どっとライブ・アイドル部

夜桜たま、始動

 

 

Pによるあだ名・たまたま

 上の見出しのようなふざけたあだ名をつけられても受け入れられる度量を持った、アイドル部所属Vtuber、夜桜たまのことを書いていこうと思う。

 彼女はその生徒会長という肩書ゆえか、アイドル部の一番手として、五月四日、ライブ配信をスタートした。

 見た目は白髪に赤眼と、オーソドックスな見た目であり、髪の毛には錨を模した飾りをつけている。その理由は不明だが、前世が艦船だったとか、そういう由来があるのかもしれない。

 

麻雀好きの生徒会長

 そんな彼女は生徒会長で麻雀部に所属し、アイドル部にも兼任で所属している。正直筆者は麻雀=ギャンブルのイメージであり「生徒会長がどうなの?」と思ったが、麻雀が野球顔負けの人気競技な世界もあるので、大したことではないだろう。可愛いければそれでいいというのもある。

 ただ、もうしわけないことに筆者には全く麻雀について詳しくなく、緑色の駒(牌)を集めたら強いというぐらいの知識しかない。そのため、彼女が掲げる『全Vtuber雀士計画』が実現した際、その世界について行けるかどうか不安である。今から咲を見て勉強しようかとも思うが、彼女いわく咲はイナズマイレブンらしい。いや、どういう意味なのだろうか? 超人麻雀?

 麻雀ガチ勢である彼女だが、テレビゲームもプレイするようだ。特にFPS系、PUBGなどのゲームを好むらしい。アップランドは軍人を育成しているのだろうか。

 さっそく動画投稿初日に同じアイドル部である北上双葉とコラボしており、PUBGをプレイしている。そのプレイ内容は、アイドル部という名前から想像される「いやあ!やられちゃう!」「どうしよどうしよ!?」などという可愛いリアクション満載のものではなく、北上双葉とのゆるふわトークを続けつつ、カチカチと素早いタイピングの音を響かせながら、冷静に武器を集め、取捨選択を行い、戦況を見極め、敵へ銃撃する、やりこんでます感が全体に漂う玄人のプレイだった。ばあちゃるは頭を抱えていた。筆者は少しだけ馬に同情した。

 サブカル知識についても詳しく、麻雀を始めた理由が麻雀漫画を読んだから。ドールについても興味あり。二次元三次元問わずにアイドル大好きと、生徒会長という役職から想像できないキャラをしているが、ゲームやアニメの生徒会長も大概奇人変人なので、これぐらいの清楚感があった方がいいのかもしれない。そもそも、あのアップランドがまともな生徒会長を生み出すわけがないのだから。通信の関係か、北川双葉とのコラボにおいて「緑オリオン」や「ザリガニオリオン」といった名称を生み出していることからも、その清楚さが垣間見えているだろう。

 そんな彼女の夢、今後の目的、目標としては、やはりアイドル部内での麻雀大会のようである。仮想世界、現実世界の最先端の世界と呼んでいい場所において、アナログゲームをやるというのは一週回っているが、新聞など書いてる筆者が言えることではないだろう。最先端の場所でやるアナログだからこそ、価値があるのである。

 彼女には今後ともぜひ頑張ってもらい、麻雀なんて悪の組織やたばこ臭いおっさんしかやっていないという筆者のイメージを壊してほしいものである。

 

生徒会長について

 生徒会長とはその名の通り、生徒会の会長である。生徒会副会長の場合、副という言葉を挟むので文字数がかさんでしまうが、生徒会長だと会が省略できるので便利である。

 夜桜たまの場合、周りからの推薦による生徒会長就任らしく、立候補などによるものではないようだ。

 まあ悲しいことに、現実の生徒会長にそんな大した権限はなく、生徒への指導や行事の進行など面倒なことばかりなので、彼女は押し付けられる形で生徒会長に就任したのかもしれない。

 

麻雀について

 麻雀とは基本的に四人の対局者が136の牌を使い、ルール上のやり取りで組み合わせ、役をそろえるゲームである。簡単に言うと、複雑なポーカーである。

 筆者はドンジャラの時点で脳みそがねじ曲がりそうになったクソザコ人間で、全くプレイしたことはないが、経験による場を読む力や、どの役をそろえに行くかといった実力が問われるゲームであるらしい。それでいて、運要素も強いという、夜桜たま曰く、「麻雀はホラーゲーム」だそうだ。いやどういう表現ですか?

 

www.youtube.com

夜桜たま (@YozakuraTama) | Twitter